歯茎のチェックも忘れずに!

血色の悪い歯茎になりうる原因

歯並びや、歯の色、そして歯茎。口元はその人の印象を良くも悪くもします。歯と同じくらい、無意識に人は歯茎も見ています。歯茎の腫れ有無までは確認できませんが、歯茎の色は一瞬でも、印象に残ります。生活習慣の乱れからくる、色の悪い歯茎は、歯のケアをしていても、
ヘアスタイル、ファッション、またメイクをきちんとしていても、不健康で不潔そうに見え、台無しです。生活習慣の乱れや喫煙、歯周病によって、歯茎の血行不良、ビタミンやミネラルが不足することにより、歯茎の色は悪くなると言われています。また、適度な睡眠時間を取らなかったり、運動習慣が無いのも原因に上げられ、ビタミンB、亜鉛が不足が、赤黒い歯茎の原因とされています。歯茎の色が悪いなと意識できたら、それが好機です。出来ることから始めましょう。

健康な歯茎になる為の行動

思い当たる原因を、改善していきましょう。喫煙は色素沈着を起こす可能性もあるので、禁煙をしてみてはいかがでしょうか。そしてバランスの良い食事を心がけたり、質の良い睡眠、そして運動を生活に取り入れるなど、出来ることからしてみましょう。また、歯茎のマッサージも効果的といわれています。無数の毛細血管が歯茎にはあります。マッサージする事によって血行が良くなり、むくみや不純物を排出を促します。
入浴中に行うのが効果的ですし、習慣にしやすいと思います。湯船に浸かって、人差し指を使い、優しく撫でるように、1分程度行いましょう。指の方が歯茎の刺激には適していますが、シャワー派の方だと、歯磨きのついでに、歯ブラシを使いマッサージする習慣をつけるのも良いと思います。歯ブラシを使ってマッサージを行う際も、優しく撫でるように行ってください。