決め手は歯ブラシの選択!

自分に合った歯ブラシとは

毎日きちんと歯を磨いていても、自分に合っていない歯ブラシを使っていると歯茎を傷めたり、奥まで磨きにくかったり、磨き残しが出たりします。歯周病を予防するためにも、歯ブラシ選びは重要なのです。
それでは自分に合った歯ブラシとは、どういうものが良いのでしょうか?
まず、ブラシの硬さに注意しましょう。歯茎が弱い人は、柔らかめのブラシを使います。できるだけ歯茎に負担をかけないように、優しくブラッシングしましょう。
次に歯磨きのサイズです。口の小さな人や歯が小さい人は、ブラシの幅も小さなものを選びましょう。子供用でも良いくらいです。歯が小さいのに大きな歯ブラシを使うと、きちんと歯と歯の隙間が磨けません。歯や口のサイズに合わせて、歯ブラシの大きさにもこだわりましょう。

歯ブラシ選びは歯医者でアドバイスを

自分に合った歯ブラシがどのようなものが良いのか分からない場合は、歯医者でアドバイスしてもらうと良いですね。
定期健診や治療の際に、歯ブラシについても聞いてみましょう。患者に適した歯ブラシのサイズを教えてくれます。正しい磨き方も教えてもらえますよ。
また歯科医によっては、磨きやすい歯ブラシを販売している所もあります。歯磨きレッスンを受けて、その際に使った歯ブラシを入手すれば、より綺麗にしっかりと磨くことができるでしょう。
また歯ブラシはブラシの先が広がってくると、替え時です。先がだめになったブラシを使い続けていてもうまく磨けないので注意したいものです。
的確な歯ブラシ選びこそが、歯と歯茎の健康につながるのです。