歯と歯の隙間にご用心!

虫歯のほとんどは歯間の歯垢が原因!

ほとんどの人は虫歯で歯が痛い思いをしたことがあるのではないでしょうか。治療は怖いし通わなくてはならないし虫歯になって良い事は一つもありませんよね。そうなると予防するしか無いのです。歯磨きはもちろんですがそれだけでは不十分なのです。なぜなら虫歯はほとんどが歯間の歯垢が原因で起きているからです。その為歯ブラシでは取りにくい歯間をキレイにしなくてはならないのです。歯の間が虫歯になると治療も難しくなる為歯間には十分に気をつけなければなりません。
では歯間はどのようにしてケアすれば良いのでしょうか。現在は非常に歯間用のケア用品が売られている為簡単に購入することができます。近くのドラッグストアに足を運べば良いのです。

歯間ブラシ、糸ようじを利用する!

歯間ケアというと代表的なものが歯間ブラシです。これは細長い尖ったものを歯と歯の間に差し込み汚れを取るというものです。非常に簡単なのですが歯間が狭い人には向いていません。歯間の狭い人は糸ようじを利用すれば良いでしょう。これは糸が付いたものを歯の間に入れるもので汚れも非常によく取れます。他にもフロスなどの歯間ケア用品は様々なものがある為自分に合ったものを利用しましょう。歯ブラシが終わった後に少しこのケアをするだけで虫歯になる確率は大幅に下がります。
また、歯の歯の隙間が広い人は歯医者で調整してもらいましょう。でなければ食べ物が挟まり虫歯になり易いだけでなく、歯茎にも負担になり、不快な思いをしながら食事をしなければならなくなります。